美しい肌を作る|アンチエイジング【化粧水・クリーム・方法をご紹介】

アンチエイジングコスメの種類と選び方

アンチエイジングコスメの種類と選び方

年齢肌の対策として有効性が期待されるアンチエイジング用のコスメには、悩みに応じて種類があります。たるみが気になるのであれば、リフトアップ効果のあるクリームや美容液、またシミや肌の色ムラには美白コスメが効果的です。

 

肌のターンオーバーが遅くなることで角質がたまりがちになり、前記の美容法が思うほどきかない時にはピーリングをし、浸透を良くしてあげる事も大切です。保湿力も弱まるので化粧水にとろみのあるものを選べば乾燥しづらくなります。

 

美容アンチエイジング!コスメも生きるケイ素の使い方

 

紫外線によりダメージを受けた肌は、きちんとケアしないとシミやシワの原因になります。美容にもアンチエイジングにも厄介な問題となります。シミやシワの原因は太陽の紫外線とストレス等です。そこには活性酸素が関与して炎症を起こし、細胞が劣化することから起こります。

 

細胞の入れ替わりには3ヶ月程度かかりますので、その間患部へのケアは怠れません。ところでコスメのキャッチコピーには、少々行き過ぎた表現があります。「素肌に浸透して」というものです。肌にしみ込んで効果を現すのはきわめて限られています。

 

その中でもケイ素は有望かつ安心して使えます。水溶性ケイ素を肌にスプレーすることでスキンケアの改善効果が期待できます。